2017冬イベ E2『小笠原諸島哨戒線強化』(乙攻略)

たっぷり寝たし、土曜夜から難易度にてゲージ割、始めたよ。
やっぱ支援なしで気軽に済ませたいというのもあるし、クリア褒賞の甲乙の差が
ほとんど使わない洋上補給の数と熟練搭乗員の有無だしさ。
人はラクな方に流れるというもんだw

201702E2_map2.jpg
TPガッツリ減らすために輸送連合にて攻略。全艦高速統一して、神風型を2隻+22駆を1隻以上使うと、
このようにC-F-I-J-K-Mの道中3戦のルートを辿れるわけで。
無論空母棲姫撃沈は不要で、ひたすらボスA勝利を重ねるだけや。

Fの潜水艦隊は駆逐艦多め編成なのでさほど心配なし、Jもフラヲがいて制空権奪取が難しくなるものの、
艦載機が弱めなのが救い。I-J間は索敵値が必要っぽいけど、瑞雲積んでりゃ大丈夫。
問題はIマス。ここは単縦水雷戦隊(雷巡複数入り)で、
雷撃戦まで雷巡や軽巡が生き残っていると、ワンパン大破がフツーにあるからねぇ。

で、編成は耐久性とボスマス制空(劣勢や喪失は避けたい)を加味し、航戦での水戦運用を軸にすることに。
加えて1周でのTP削減量を増やすべく、固定艦以外の駆逐は大発キャリアをメインに、
以下のメンバーで固定。
第一艦隊扶桑型2(缶とボイラーで高速化)+神風・春風+荒潮+
第二艦隊阿武隈・摩耶・利根の二軍トリオに22駆から皐月、対潜枠に朝潮
ボスA勝利の切り札にCI仕様の初霜

キラ付けも支援もなしなのはいつも通り。TPカウントされなくなる可能性もあるんで、
あえてダメコンもつけず、大破したら撤退してやり直しという方針に。
軽めな編成だし回数こなすのはそう苦しくもないしさw
ちなみに基地航空隊は掘りと同様に零戦52系+陸攻3を2セット作り、交互にボス集中配備。

ただねぇ…開始直後はどうも思わしくなく、決まって皐月が道中大破して2連続撤退。
その後も一進一退でなかなかスッとは終わらん!支援出したくなる気持ち、わかるわー。
F 潜IJM ボスTP減/残
1SSS村雨→×  0/400
2SD→×   ↓ 
3SAS龍驤A五十鈴118/282
4SS子日S若葉A愛宕118/164
5SS→×   ↓
6SBA由良B飛鷹 ↓ (古姫)
7SS由良SA鈴谷38/126
8AS→×   ↓
9SSA→×  ↓ 
噂によるとTP残り125を切るとJ→Hと1戦余計に回ることになるらしいので、
その調整のため1回だけドラム缶と大発全部外して、砲や電探てんこ盛りにもしたよ(7周目)。
前の6周目はいきなり駆逐古姫入りのラスダン編成だったのが、
TP削れる装備無しで行ったら弱編成に戻っていたw
S勝利するとゲージ割れる装備かどうかを見ていて切り替わるっぽい…地味に凝っているね。

201702E2TP.jpg
上が通常の搭載数、8周目以降は寄り道ルートに入らず1回で終わらせるべく、下のように大発を増載
(朝潮の対潜装備と交換。ドラム缶は初霜に1個持たせていたのを外してみた)。

で、グダグダな進行のままに迎えた10周目、Iで摩耶様、Jで初霜が中破しつつも
なんとかボスにたどり着いた…古姫ちゃん手加減してほしいなヽ(´ー`)ノ
201702E2end1.jpg
うーむ、昼終了時で敵第一艦隊はほとんど無傷で5隻残り、
こっちの第二艦隊はまともな兵装持たせている3艦が揃って中破。正直厳しいよね、この状況w

201702E2end2.jpg
が、そこはやはり。敵の攻撃が不発の上、中破艦や想定外の阿武隈の活躍で、
結局空母棲姫以外撃沈で無事A勝利→ゲージ破壊となりました☆
F 潜IJM ボスTP減/残
10ASAA球磨126/0


最終時の装備等はこちら。
201702E2endA.jpg
7周目以外装備に変更なし。旗艦は保護とキラ付け兼ねて駆逐艦ローテね。

201702E2endB.jpg
失敗だったのは皐月の補強増設のアイテム。あまり強力でない特殊対空CIが優先的に発動してしまい、
対フラヲやボスマスで摩耶様がほとんど活躍できなかったのよw

乙のクリア褒賞は洋上補給×2、勲章、潜水艦搭載電探&水防式望遠鏡(コレが欲しかった)、
そして全難易度共通の
matsukaze.jpg
ボクっ娘なのは事前の予想通りだったけど、とってもヅカテイスト
まー確かに松風何とか、って芸名でいそうだし、歌劇団ならその変な帽子もアリだと思うわ( ´∀`)

いやー、あとはまたギミックが面倒なE3残すのみ。
彩雲運搬が絡む任務が前提になるため、ゲージリセット掘りは現実的じゃないし、
クリアだけなら甲でやってもやれる(資源や装備、艦娘の不足があるわけではない)けどさ…
やはりここは乙選択で決まりやね。



↓このマップでは、思いがけず高速化で活躍できた姉様。
模型的にはパゴダマストって、歪み無く組み立てるのが大変よw

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック